for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
コラム

コラム:バリュー株は絶滅危惧種、超低金利の長期化で

[ニューヨーク 17日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 割安な銘柄に投資する「バリュー投資家」が哀れな状態に陥っている。最近は業績が堅調で、しかも過小評価されている銘柄を物色すると選択肢は限られる。低金利を背景に買収・合併(M&A)が隆盛となり、上場企業の数は減ってしまった。残っている企業は借り入れがかさみ、しかも新規上場企業のほとんどは赤字だ。

9月17日、割安な銘柄に投資する「バリュー投資家」が哀れな状態に陥っている。ニューヨーク証券取引所で9日撮影(2020年 ロイター/Shannon Stapleton)

米国の上場企業数は1990年代半ば以降、減少し続けている。モルガン・スタンレーの調べによると現在は約3600社と、1996年の約半数だ。

この期間に10年物米国債の利回りは5%強から1%弱に下がったが、この2つの動きは関連している。金利が低下すると、投資家はプライベートエクイティ(PE)など、より高いリターンの金融商品を探す。こうした流れに借り入れコストの低下が重なって、レバレッジド・バイアウト(LBO)が盛んになり、上場企業数が減った。モルガン・スタンレーによると、買収専門会社が所有する米企業の数は昨年、株式投資家が所有する企業の2倍に上った。

低金利は2つの経路で企業間の合従連衡も促した。第1に、指標利回りは企業が資金を調達する資本コストに影響を及ぼし、利回りが下がるほど買い手は支払い余力が増し、案件が成立する可能性が高まる。第2に、LBOに見られる通り、買収資金の借り入れコストは低い。

上場企業の負債は増えている。ブラックロックによると、投資適格級企業の昨年の負債残高は10兆ドル余りと、2001年以降5倍以上に膨らみ、対国内総生産(GDP)比は09年以降で最高の水準に達した。

いずれ企業はこれほどの負債を抱えるのが困難になるかもしれないし、新型コロナウイルスの世界的流行でこれまでの見通しはご破算になった。しかしファクトセットによると、それにもかかわらずS&P総合500種.SPX構成企業の将来の業績予想に基づく株価収益率(PER)は、少なくとも過去10年間の最高水準に近い。

入手可能な銘柄が減少しているため、最近の株式公開ラッシュは朗報となるはずだ。しかしこの面でもバリュー投資家は失望を味わうことになりそうだ。新規上場企業の業績を調べている学者のジェイ・リッター氏によると、今年に入って新規株式公開(IPO)を実施した事業会社のうち5分の4は利益がまったく上がっていなかった。

米連邦準備理事会(FRB)は16日、当面は実質ゼロ金利政策を維持する方針を明確にした。こうした動きは、利回りの高いリスク性投資や、黒字化していないハイテクベンチャー企業のIPOなどの投機へと、多くの投資家を駆り立てる。時代遅れのバリュー株は絶滅危惧種だ。

●背景となるニュース

*米連邦準備理事会(FRB)は16日の連邦公開市場委員会(FOMC)で公表した最新の経済見通しで、政策金利が少なくとも来年いっぱい事実上ゼロに据え置かれるとの見通しを示した。FOMCの参加者17人の大半は、事実のゼロ金利政策が2023年末まで続くと予想した。

(筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています)

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up