for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サウジ、エネルギー施設など襲撃計画情報で警戒態勢

[リヤド 20日 ロイター] - サウジアラビア内務省報道官は20日、商業施設やエネルギー関連施設が武装集団の襲撃を受ける可能性があるとして、治安部隊に警戒態勢を取らせたことを明らかにした。

同報道官は、「商業施設あるいはサウジアラムコの施設を標的にした攻撃の可能性を示す情報を得た。これを治安部隊に伝え、警戒態勢をとらせた」と述べた。詳しい情報は得ていない、としたうえで「サウジアラビアは、テロリズムの標的になっている。(紛争が起こっているような)状況では、これに乗じてテロリスト集団が攻撃を仕掛けるのが普通だ」と述べた。

サウジは3月下旬から隣国イエメンの過激組織掃討で空爆を開始した。サウジ警察は今月、首都リヤドで起こった2件の襲撃事件の容疑者として、サウジ国籍の人物を拘束したと発表している。

*内容を追加します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up