for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油先物は小幅下落、米在庫の減少が下支えし75ドル近辺

29日アジア時間の原油先物価格は小幅に下落している。写真は石油タンカー。昨年11月にトルコで撮影。(2021年 ロイター/Murad Sezer )

[シンガポール 29日 ロイター] - 29日アジア時間の原油先物価格は小幅に下落している。ただ、先週の米原油在庫が2020年1月以来の水準に減少したことから、1バレル=75ドル近辺にとどまっている。

0108GMT(日本時間午前10時8分)時点で、ブレント先物価格は0.05ドル(0.1%)安の1バレル=74.69ドル。米WTI先物は0.04ドル(0.1%)安の72.35ドル。

米エネルギー情報局(EIA)の週間在庫統計によると、7月23日までの週の原油在庫は、輸入や生産の減少を背景に410万バレル減少した。ガソリン在庫も減少し、新型コロナ禍前の水準にほぼ戻った。

オーストラリア・アンド・ニュージーランド銀行(ANZ)のアナリストは、在庫の減少は、デルタ株の感染拡大が人やモノの移動にさほど影響を及ぼしていないことを示していると指摘した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up