for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪政府、13/14年度財政赤字予想を引き上げ

[キャンベラ 17日 ロイター] -豪政府は17日、半期経済・財政見通しを発表し、2014/15年度国内総生産(GDP)伸び率見通しを2.5%と、8月時点の予想の3.0%から下方修正した。2013/14年度のGDP予想は2.5%に据え置いたものの、財政赤字は8月予想の301億豪ドルから470億豪ドル(420億米ドル)に修正した。

13/14年度の財政赤字が膨らむのは、鉱山投資減速による税収源、その他の分野も低迷していることが背景。

ホッキー財務相は「世界の経済情勢は依然、予想よりも低迷している。このため、豪経済においても成長が資源セクターから資源以外のセクターに移行するペースが想定より遅くなっている」と述べた。

8月の予想は、前労働党政権が示した数字。エコノミストは、経済成長が予想より低いことや、9月に発足したアボット政権が前政権が導入した炭素税の廃止を決定したことなどを踏まえ、13/14年度の財政赤字が400億─500億豪ドルに拡大すると予想していた。

ホッキー財務相は、2016/17年度までに財政赤字は1230億豪ドルに膨らみ、抑制措置が取られない場合は2023/24年度まで赤字が毎年続くとの見通しを示した。

同相は「これは持続不可能な財政状況であり、政府は歳入に見合った財政運営のために厳しい決断を行うつもりだ」と発言。5月公表の予算案で財政黒字への転換と債務返済に向けた道筋が示されると語った。

発表によると、政府の純債務は2016/17年度までに2805億豪ドル、対GDP比15.7%に増加する見通し。

*内容を追加します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up