for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンク 、スプリント に代わる買収対象としてTモバイルUS を検討=関係筋

[7日 ロイター] - 関係筋が7日明らかにしたところによると、ソフトバンク は米スプリント・ネクステル を201億ドルで買収する計画が実現しなかった場合の代替の米携帯市場参入案として、TモバイルUS を取得する可能性についてドイツテレコム と協議している。

2人の関係筋によれば、ソフトバンクとドイツテレコムは昨年、Tモバイルをめぐり協議し、その後定期的に話し合いを行ってきたが、米衛星放送サービス会社ディッシュ・ネットワーク がスプリントに255億ドルの対抗買収案を提示して以来、交渉が本格化している。

スプリント買収が実現しなかった場合、ソフトバンクはドイツテレコムが保有するTモバイルUSの株式74%を取得する可能性があるという。TモバイルUSの時価総額はおよそ150億ドル。

このニュースを受け、7日午後の米国株式市場でTモバイルUSの株価は3%超上昇。スプリントは約1.3%下落した。

ソフトバンクとスプリントはコメントを差し控え、Tモバイルはコメントはないとした。ドイツテレコムは現時点でコメントの要請に応じていない。

関係筋によると、ソフトバンクは依然としてスプリント買収を望んでおり、Tモバイルに関しては「プランB」として検討している。ただ、ソフトバンクは仮にスプリント買収計画を撤回した場合でも、為替ヘッジなどから50億ドル程度の利益を得る見込みという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up