for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア株式=クアラルンプール・ホーチミンが下落、その他は上昇

[バンコク 16日 ロイター] - 16日の東南アジア株式市場では、クアラルンプールの総合株価指数 が下落、0.46%安の1845.37と、3月26日以来の安値で引けた。3月のマレーシア物価統計発表を控え、大型株に利食い売りが出た。

テレコム・マレーシア が1.7%安と、前日の上昇分の一部を削った。

引け後に発表された3月のマレーシア消費者物価指数は食品価格や交通、電力料金の上昇に押し上げられ、前年同月比3.5%上昇した。

バンコクのSET指数 は0.91%高の1401.84と、1400を突破した。来週の決算発表を控え、銀行株 に選別買いが入った。

17日から4連休に入るマニラの主要株価指数PSEi は続伸。0.75%高の6671.18と、2013年7月30日以来の高値で引けた。

ホーチミンのVN指数 は5営業日続落し、2.01%安の574.29と、3月4日以来の安値で引けた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up