for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア通貨動向(8日)=リンギ主導で上昇、ペソ・バーツは当局介入で上値重い

 [シンガポール 8日 ロイター] 8日のアジア通貨市場はマレーシアリンギ主導で上昇した。予想を上回る力強い内容となった豪雇用統計を受け、世界経済への楽観的な見方が広がり、米ドルが下落したことが背景。

 ただ当局の介入により、フィリピンペソとタイバーツの上値は抑えられた。

 韓国当局は、豪雇用統計を背景とした米ドル売りを受け、ウォン高抑制の介入を行ったもよう。

 中国本土市場は祝日のため休場。

 マレーシアリンギMYR=は0.8%高の1米ドル=3.388リンギで、2008年8月以来の高値に上昇した。

 一方シンガポールドルSGD=も、リンギの堅調な流れに追随。対米ドルで0.4%高の1.3935シンガポールドルで、08年初め以来の高値を付けた。ただ、トレーダーによると、シンガポール当局による介入の兆候は見られなかった。前日は重要な節目水準となる1米ドル=1.4シンガポールドルを防護するため、当局による介入が目撃されている。

 フィリピンペソ PHP=は約0.3%高の1米ドル=46.45ペソで、年初来高値を付けた。だが当局の介入により、この水準がペソの強い上値抵抗線となっている。

 マニラのトレーダーは「フィリピン中銀は(ペソの)年初来安値の水準ですべてのドル売りを吸収している」と指摘、米ドル買いの介入規模は3億5000万─4億ドルとの見方を示した。

 オフショアの1カ月物米ドル/ペソNDF(ノンデリバラブル・フォワード)PHPNDFOR=は一時46.45ペソに下落。これはスポット価格から横ばいを織り込んだ水準となる。

 タイバーツはドルに対してTHB=1年2カ月ぶり高値を更新し、33.28バーツをつけた。

 タイ中銀は、バーツの上昇は急激とし、介入継続の姿勢を示した。これを受けバーツは32.29バーツ近辺に落ち着いた。

 あるトレーダーは「中銀はけさ、市場にゆっくりと介入したもようで、さほど活発ではなかった」と語った。

 中銀はここ数週間、バーツ高抑制の介入をしばしば行っているとトレーダーは指摘。ただバーツは、株式市場への海外からの資金流入で、9月初めからドルに対して2%上昇している。

 *0528GMT(日本時間午後2時28分)時点のアジア各国通貨の対米ドル相場は次の通り。

 シンガポールドル    1.3933

 台湾ドル     32.132

 韓国ウォン   1167.30

 タイバーツ       33.31

 フィリピンペソ 46.45

 インドネシアルピア 9375.00

 インドルピー 46.29

 マレーシアリンギ 3.3880

 人民元        ―――

原文参照番号[nSP129733](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nSP129733]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up