for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE1: アジア通貨動向(28日)=ペソ上昇、ウォンは予想変動率が低下

 [シンガポール 28日 ロイター] 28日のアジア通貨市場では、韓国ウォンの予想変動率(インプライド・ボラティリティ)が引き続き低下した。中国がユーロ圏について信頼感を示したことや、北朝鮮をめぐる緊張が後退したことを受けて、ウォンは上昇している。

 フィリピンペソも堅調な展開。リスクテークの動きが戻ったことから、国内の株式が上昇している。しかし、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイの各市場がきょうは休場なため取引は薄い。

 ウォンKRW=KFTCは一時2.7%高の1ドル=1192ウォンをつけた。韓国当局はウォン高抑制のためドル買い介入を行ったもよう。

 ウォンのインプライド・ボラティリティKRWVOLは、リスク警戒感の後退でスポット市場が回復したことを背景に、引き続き低下した。

 1カ月の予想変動率は18.25%となり、前日の30.60%、26日の37%から低下した。26日は1年超ぶりの高水準だった。

  フィリピンペソPHP=は0.6%高の1米ドル=46.19ペソと、1週間ぶり高値をつけた。国内株式市場.PSIの上昇が支援材料。

 ドル/ペソNDF(ノンデリバラブル・フォワード)は下落。1カ月物は前日終盤の46.46ペソから、一時は46.25ペソまで下落したが、その後46.36ペソまで持ち直した。

 一方、1カ月物のオンショアフォワードPHP1M=は、前日終盤の46.655ペソから46.361ペソに下落した。

 ドル/人民元NDFは3営業日連続で下落。ユーロが安定化したことに加え、中国人民銀行(中央銀行)が28日の人民元の基準値CNY=SAECを1ドル=6.8279元とやや元高水準に設定したことが背景。

 1年物NDFは前日の6.7410元から6.7264元に下落し、向こう1年間の元上昇率を1.51%と織り込む水準となった。前日の予想上昇率は1.29%。25日には、世界的なリスク回避志向の高まりを受け目先の元先高感が後退し、予想上昇率が0.63%の水準まで低下していた。

 スポットの人民元相場CNY=CFXSは1米ドル=6.8301元で、基準値の6.8279元近辺となった。

 *0557GMT(日本時間午後2時57分)時点のアジア各国通貨の対米ドル相場は以下の通り。

 シンガポールドル   ───

 台湾ドル    32.008

 韓国ウォン   1195.70

 タイバーツ    ───

 フィリピンペソ 46.22

 インドネシアルピア ────

 インドルピー 46.51

 マレーシアリンギ ───

 人民元       6.8304

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up