April 18, 2019 / 12:54 AM / 3 months ago

JPモルガン、CFO交代を発表 後任はカードサービス責任者

 4月17日、米金融大手JPモルガン・チェースは、女性の最高幹部のうち2人を新たな上級職に任命する人事を発表した。写真は消費者金融部門の責任者に就任したマリアンネ・レイク最高財務責任者(CFO)。昨年9月にニューヨークの同社本社で撮影(2019年 ロイター/Caitlin Ochs)

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 米金融大手JPモルガン・チェース(JPM.N)は17日、女性の最高幹部のうち2人を新たな上級職に任命する人事を発表した。マリアンネ・レイク最高財務責任者(CFO)を消費者金融部門の責任者に、カードサービスのトップであるジェン・ピープサック氏をCFOの後任に、それぞれ充てた。

5月1日付の同人事はジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)と2人の共同社長が署名した社内メモで発表された。

ダイモン氏は13年前にトップに就任して以来、最高幹部層でさえも異なる役職に入れ替える人事を定期的に行ってきた。会社を横断して経験を積ませる狙いがある。

ダイモン氏の後継候補と考えられてきたレイク氏は1つの事業部門の責任者に初めて就任する。同氏はCFOとしての実績やダイモン氏の要求への対応について、投資家やウォール街のアナリストから高い評価を得ている。

クレディ・スイスの銀行アナリスト、スーザン・カツケ氏は、「レイク氏がCFOとして非常に優れているため、誰も変化を好んではいない」と指摘。「驚いたが、衝撃は受けていない。有能な人材の管理には変化が伴う」とした。

レイク氏はカードサービスのほか、住宅ローン、自動車ローンを統括する責任者となる。

社内メモはピープサック氏については、「当社でのこれまでの25年間、すべての職務で卓越してきた」と称賛している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below