June 11, 2018 / 2:11 PM / 10 days ago

JPモルガン、ユーロ/ドル見通し下方修正 指標悪化や政局不安などで

[ロンドン 11日 ロイター] - JPモルガンは11日、年末時点のユーロ/ドル見通しを4%下方修正した。ユーロ圏経済指標の悪化や政局不安を理由に挙げた。

カナダドルの対米ドル見通しも、両国間の貿易摩擦の高まりや原油価格下落の可能性を理由に2.5%引き下げた。

JPモルガンは、ユーロが年末時点で1.20ドルで取引されると予想し、従来予想の1.25ドルから引き下げた。2019年第2・四半期までには1.23ドル近辺まで小幅回復するとの見通しを示した。

カナダドルについては、年末時点で1米ドル=1.27カナダドルになると予想。従来予想は1.24カナダドルだった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below