for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

外為特会資産で財源捻出、適当でない 評価損益は変動=財務相

[東京 18日 ロイター] - 鈴木俊一財務相は18日午後の衆院予算委員会で、外国為替資金特別会計で保有する外貨資産の評価益を経済対策の財源とする提案について「評価損益は為替レート次第で大きく変動する」とした上で、「その時々で変動する外国為替評価損益を裏付けとして財源を捻出することは適当でない」と語った。

斎藤アレックス委員(国民民主・無所属クラブ)の質問に答えた。

財務省の三村淳国際局長は、外為特会剰余金の一般会計繰り入れとの違いに関し説明した。一般会計繰り入れは典型的には債券の利息収入など外貨資産の運用収入で生じた剰余金の一部を繰り入れるもので「(委員提案の)足元の含み益を決算剰余金の中に繰り入れて一般会計に、というものとは性質が違う」と話した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up