for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

長期金利想定1.1%で調整、4年連続で最低に=20年度予算で政府筋

 複数の政府筋によると、政府は2020年度一般会計予算案で、国債利払い費の前提となる積算金利を1.1%とする方向で調整に入った。写真は2013年2月、都内で撮影(2019年 ロイター/Shohei Miyano)

[東京 13日 ロイター] - 政府は、2020年度一般会計予算案で、国債利払い費の前提となる積算金利を1.1%とする方向で調整に入った。複数の政府筋が明らかにした。積算金利は4年連続で過去最低となる。

今年8月の要求時点からは0.1%ポイントの引き下げで、一般会計予算の4分の1を占める国債費の抑制要因となる。20年度の要求額は24兆9746億円だった。

日銀が16年1月にマイナス金利政策を導入して以降、積算金利は段階的に引き下げられ、17年度から1.1%と、最低水準での予算編成が続いている。

*内容を追加しました。

山口貴也

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up