for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

道内4カ所の水力発電を再稼動、順次停電の解消を図る=経産相

9月6日、世耕弘成経済産業相(写真)は、北海道内の4カ所の水力発電所を再稼動させ、道内全域で発生している停電を順次、解消させるとの見解を示した。ブリュッセルで2018年 月撮影(2018年 ロイター/Francois Walschaerts)

[東京 6日 ロイター] - 世耕弘成経済産業相は6日、北海道内の4カ所の水力発電所を再稼動させ、道内全域で発生している停電を順次、解消させるとの見解を示した。同日朝の臨時会見で述べた。また、停電を数時間以内に解消させるよう北海道電力9509.Tに要請したと語った。

世耕経産相によると、地震発生後、北海道内の約50%の需要に対応する苫東厚真火力発電所の発電が停止。他の発電所の発電も停止したため、北海道内の約295万戸への送電が全面的にストップした。

対応策として、まず、道内4カ所の水力発電所を再稼動させ、苫東厚真火力発電所の再稼動のための電力を確保。そのうえで苫東厚真火力発電所の発電を再開し、他の発電所の発電も順次、再開させるとしている。

田巻一彦

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up