November 30, 2018 / 8:39 AM / 18 days ago

内規違反の清田JPX・CEOに報酬3カ月30%減、役員処分では最大

 11月30日、日本取引所グループ(JPX)は、清田瞭・最高経営責任者(CEO)が内規に違反して上場インフラファンドを購入したことに対して、月額報酬を3カ月間、30%減額する処分を決定したと発表した。写真は都内で2014年12月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 30日 ロイター] - 日本取引所グループ(JPX)(8697.T)は30日、清田瞭・最高経営責任者(CEO)が内規に違反して上場インフラファンドを購入したことに対して、月額報酬を3カ月間、30%減額する処分を決定したと発表した。2013年のJPX発足以来、役員に対する処分としては最も重い。

清田氏は30日の定例会見の冒頭、「取引所トップとして、株主、投資家、市場関係者に迷惑と多大な心配をかけ、深くおわびする」と述べた。

清田氏は、16年12月─18年8月にかけ、2銘柄計1500口を購入した。取引が禁止されていない上場投資信託(ETF)と同様に取引可能と誤解したという。

清田氏は長期投資目的で購入し、インフラファンドの売却実績はない。インフラファンドで得た利益相当額は全額、日本赤十字社に寄付した。清田氏は会見で「有価証券投資は当面控える」と述べた。

清田氏によると、JPXの指名委員会で清田氏を解任すべきか議論したが、解任には及ばないとの結論が出た。

JPXは再発防止策として、グループの全役員を対象に、保有する全ての上場有価証券を半年に一度、監査委員会等に報告する制度を導入する。

和田崇彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below