Reuters logo
東芝株は上場維持前提、監理銘柄への移行ない=JPXの清田CEO
2015年7月28日 / 07:27 / 2年後

東芝株は上場維持前提、監理銘柄への移行ない=JPXの清田CEO

[東京 28日 ロイター] - 日本取引所グループ(JPX)(8697.T)の清田瞭CEO(最高経営責任者)は28日の定例会見で、不適切会計が問題化した東芝(6502.T)株について、2013年の制度改正後は問題を起こした上場企業でも上場維持が前提となっているため、監理銘柄への移行はありえないと述べた。

A man walks past the Tokyo Stock Exchange (TSE) building in Tokyo June 11, 2015. Japanese stocks bounced back from three-week lows on Thursday on hopes that the European market for Japanese exports will improve as Greece inched closer to reaching a cash-for-reform deal with its creditors. REUTERS/Thomas Peter - RTX1G0V6

東証は8月末に提出される東芝の有価証券報告書などを踏まえ、内部管理体制を改善する必要性が高い銘柄として、同社株を「特設注意市場銘柄」に指定する方針。同時に、東芝に対して上場契約違約金9120万円を課す方向で検討する。清田CEOは上場契約違約金について「通常の手続きで起こりうるシナリオで、違和感を持っているわけではない」と述べた。

一方、東芝株はJPX日経400の構成銘柄だが、清田CEOは「6月末に有価証券報告書の提出がなく、一般的にはJPX日経400からの除外対象」と指摘した。

*内容を追加しました。

和田崇彦 編集:山川薫

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below