for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

JR東海、9月に再び一時帰休 コロナで新幹線乗務員ら業務量減少

[東京 24日 ロイター] - 東海旅客鉄道(JR東海)は24日、従業員を一時的に休ませる一時帰休を9月いっぱい実施すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で鉄道利用者の落ち込みが続いており、今後も業務量の減少が見込まれるほか、従業員の感染を防ぐため。同社は1月下旬から6月の約5カ月間も一時帰休を実施しており、再び実施を迫られた。

一時帰休の対象は、新幹線の乗務員や駅員、車両の検査修繕を行う従業員など約9800人で、9月1日から30日まで1日当たり約200人規模で行う。一時帰休をした従業員の給料は減額せず、通常通り支払う。同社は感染拡大を受け、9月に東海道新幹線の運行本数を計画から約350本減らすことを検討しており、それに伴う対応となる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up