December 21, 2011 / 5:42 PM / 8 years ago

11月の米中古住宅販売は4.0%増、市場の回復裏付け

 12月21日、全米リアルター協会が発表した11月の中古住宅販売戸数は、季節調整後の年率換算で前月比4%増の442万戸。写真はアリゾナ州の売家。6月撮影(2011年 ロイター/Joshua Lott)

[ワシントン 21日 ロイター] 全米リアルター協会(NAR)が21日発表した11月の中古住宅販売戸数は、季節調整後の年率換算で前月比4%増の442万戸となった。前月比で大幅な伸びとなり、住宅市場の回復を裏付けた。

10月分は497万戸から425万戸に下方修正された。

コメリカの首席エコノミスト、ロバート・ダイ氏は「住宅市場は底入れしつつあるようだ。これにより成長が加速するとともに、消費者信頼感への足かせが減るだろう」と述べた。

11月の住宅在庫はこの月の販売ペースで7.0カ月分と、2007年2月以来の低水準となった。10月は7.7カ月分だった。

価格中央値は前月比2.1%上昇。ただ前年同月比では3.5%の下落となった。

NARはまた、2007─2010年の過去4年分のデータを下方修正し、年平均の販売戸数を14.3%減の442万戸に下方修正した。これまでは推定で516万戸とされていた。

また住宅市場の底については2010年7月につけた年率330万戸とし、従来の386万戸から引き下げた。 住宅市場の低迷が想定よりも深刻であったことが示された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below