May 22, 2012 / 6:12 PM / 7 years ago

米フェイスブック一段安、適正価格は9.59ドルとの見方も

[22日 ロイター] 22日午前の米国株式市場では、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)大手フェイスブック(FB.O)が前日の11%急落に続き、この日も売られている。

5月22日、午前の米国株式市場では、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)大手フェイスブックが前日の11%急落に続き、この日も売られている。写真は同社ロゴマーク。ニューヨークで18日撮影(2012年 ロイター/Shannon Stapleton)

同社株は寄り付き後1時間半の時点で、4.2%安の32.60ドルで推移。これは上場初日の18日につけた高値の45ドルを28%下回る水準となる。ただ当初つけた安値からは持ち直している。

商いも活発となっており、米東部時間午前11時(日本時間23日午前零時)頃までに出来高は4500万株を超えた。前日の出来高は1億6800万株、18日は5億8100万株だった。

フェイスブックの新規株式公開(IPO)引受主幹事を務めた米モルガン・スタンレー(MS.N)が、IPOの直前に、フェイスブックの売上高見通しを引き下げていたとの材料が重しとなっている。

関係筋によると、引受幹事を務めたJPモルガン・チェース(JPM.N)、ゴールドマン・サックス(GS.N)もともに、ロードショー期間中に見通しを修正していた。

あるミューチュアル・ファンド筋は、引受幹事がロードショー期間に業績見通しを引き下げるのは異例だと明かす。

これだけ割高なバリュエーションを正当化するため、フェイスブックは高い成長が実現可能だと証明する必要があるとの指摘が投資家から上がっている。

ウェッジウッド・パートナーズのデービッド・ロルフ最高投資責任者(CIO)は「米金融業界は厳しい仕事を要求する。四半期決算とガイダンスをみて、その後はガイダンスを上回る業績、そしてガイダンスの引き上げを期待する」と指摘した。

株価が下落した現在でも、なおフェイスブックの株価は割高とみられている。

前日終値の34.03ドルに基づくと、市場は同社の今後10年における利益伸び率を年率24%と評価していることになる。

一方、トムソン・ロイター・スターマインは、同伸び率を10.8%と予想しており、これに基づく株価は9.59ドルと、34.03ドルの水準を72%下回っている。

またフェイスブックの株価収益率(PER)も依然割高で、前日終値の34.03ドルに基づくPERは59倍と、グーグル(GOOG.O)の13.3倍を上回っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below