June 30, 2012 / 12:12 AM / 8 years ago

RBS、LIBOR不正操作問題で罰金1.5億ドルの可能性=報道

6月29日、英紙タイムズによると、英銀行大手RBSはLIBORの不正操作問題に関連し、約1億5000万ドルの罰金を課される可能性がある。ロンドンで昨年8月撮影(2012年 ロイター/Suzanne Plunkett)

[ロンドン 29日 ロイター] 英銀行大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)(RBS.L)はロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作問題に関連し、約1億5000万ドル(2億3300万ドル)の罰金を課される可能性がある。英紙タイムズが報じた。

この問題について当局は調査を続けており、関係筋は終了まで数カ月かかるとの見方を示した。

LIBORの操作疑惑をめぐっては英大手銀バークレイズ(BARC.L)が27日に不正を認め、英米当局に総額4億5000万ドルの罰金を支払うことに同意した。

タイムズが関係筋の話として報じたところによると、RBSはバークレイズと同様の不正が行われていたことを認めた。ただ、バークレイズのケースほど悪質ではないとしている。

RBSは声明で「(当局の調査は)報じられているほど進んだ段階にはなく、罰金や和解に関する時期や金額は現時点では明確になっていない」と説明し「引き続き当局に協力していく」との考えを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below