August 23, 2012 / 9:47 PM / 7 years ago

米FRBの追加緩和実施は「ほぼ決まり」=PIMCOグロース氏

8月23日、米PIMCOのビル・グロース共同最高投資責任者は、FRBが追加緩和に踏み切るのは「ほぼ決まり」との見方を示した。ワシントンの連邦議会議事堂で22日撮影(2012年 ロイター/Larry Downing)

[ニューヨーク 23日 ロイター] 債券ファンド、米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)のビル・グロース共同最高投資責任者(CIO)は23日、CNBCテレビに出演し、米連邦準備理事会(FRB)が追加緩和に踏み切るのは「ほぼ決まり」との見方を示した。

米経済はFRBに追加緩和を思いとどまらせるほど力強くないと指摘。「FRBが(追加緩和から)手を引くには、数カ月にわたって実質国内総生産(GDP)が3%以上の成長を遂げる必要があると考える」と述べ、追加緩和の実施は「ほぼ決まり」だと語った。

債券買い入れについては過去2回よりも効果が薄れるだろうとし、実際に緩和が行われた場合、投資家は「FRBが買い入れを予定する資産を買う」べきとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below