September 5, 2012 / 10:02 PM / 6 years ago

モトローラがアンドロイドスマホ3機種発表、年末商戦に投入

[ニューヨーク 5日 ロイター] 米グーグル(GOOG.O)傘下のモトローラ・モビリティは5日、グーグルの基本ソフト(OS)アンドロイドを搭載したスマートフォン(多機能携帯電話)3機種を発表した。新機種の投入で、年末商戦を前に米アップル(AAPL.O)と韓国サムスン電子(005930.KS)との競争力を高めたい考え。

9月5日、米グーグル傘下のモトローラ・モビリティは、アンドロイドを搭載したスマートフォン3機種を発表した(2012年 ロイター/Brendan McDermid)

グーグルが新たに発表したのは、「ドロイドレーザーHD(Droid Razr HD)」、「ドロイドレーザーマックスHD(Droid Razr Maxx HD)」、「ドロイドレーザーM(Droid Razr M)」の3機種。米携帯電話通信大手ベライゾン・ワイヤレスを通して販売する。ベライゾン・ワイヤレスは、米ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ.N)と英ボーダフォン・グループ(VOD.L)の合弁会社。

「ドロイドレーザーHD」は4.7インチの画面を搭載。従来モデルより解像度が向上した。ベライゾン・ワイヤレスは小売価格は公表しなかったが、年末商戦に間に合うよう市場に投入するとしている。

「ドロイドレーザーM」の画面サイズは4.3インチ。来週、99.99ドルで発売される。

「ドロイドレーザーマックスHD」は「ドロイドレーザーHD」に類似した機能を持つが、バッテリーの持続時間が通話で21時間、ビデオ視聴で13時間と長いことが特徴となっている。

グーグルのシュミット会長は新機種を発表したニューヨークのイベント会場で、毎日最大で130万台のアンドロイドを搭載したスマートフォンがアクティベートされていると述べた。現在、サムスン電子がアンドロイドを搭載したスマートフォンの最大手メーカーとなっている。

競争が熾烈化するモバイル端末市場では、このところメーカー各社による新機種発表が相次ぐ。この日は、フィンランドのノキアNOK1V.HEと米マイクロソフト(MSFT.O)も、最新モバイル基本ソフト(OS)「ウィンドウズフォン8」を搭載したスマートフォン「ルミア920」を発表した。

オンライン小売り最大手の米アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)は6日にタブレット端末「キンドル・ファイア」の新機種を発表するとみられ、米アップルは12日に新型「iPhone(アイフォーン)5」を発表するとみられている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below