August 27, 2012 / 4:12 PM / 6 years ago

スペイン、2010・11年GDP統計を下方修正

[マドリード 27日 ロイター] スペイン国家統計局(INE)は27日、2010・11年の国内総生産(GDP)の改定値を公表し、伸び率をそれぞれマイナス0.3%、プラス0.4%に引き下げた。

当初発表からは2010年が0.3%ポイント、11年が0.4%ポイントの下方修正となる。2011年については輸出の下振れなどを反映したとしている。

データの下方修正を嫌気し、27日のスペイン株式市場は一時、マイナス圏に沈む場面もあった。

ただアナリストは、これを受けて、政府が今年の成長および財政赤字見通しを変更することはないとみている。

ウニクレディトのエコノミスト、タリア・ブッコ氏は、下方修正について「スペイン経済の全般的な見通しを変えるものではないが、現在の状況で懸念が増したのは確かだ」と述べた。

スペイン政府は今年のGDP伸び率をマイナス1.5%、財政赤字の対GDP比率を6.3%と予想している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below