August 29, 2012 / 10:17 PM / 6 years ago

ソニーが「エクスペリア」タブレット発表、携帯端末のブランド統一

[29日 ロイター] ソニー(6758.T)は29日、アンドロイド・タブレットの新機種「エクスペリア(Xperia)タブレットS」を発表した。従来の「ソニータブレット」ブランドから離れ、携帯端末を「エクスペリア」で統一する狙いがある。

同社が昨年4月に発売した初のタブレット端末に続く第2弾。液晶ディスプレイは24センチ(9.4インチ)、基本ソフト(OS)は「アンドロイド4.0」を搭載。米国での発売は9月7日からで、価格は容量16ギガバイトが399ドル、64ギガバイトが599ドル。

同社は当初、ソニータブレットの投入によりタブレット端末市場で韓国サムスン電子(005930.KS)より上の2位の座を獲得することを目指していたが、これまでのところ、消費者を十分引きつけることができないでいる。

今回発表したXperiaタブレットSが従来のソニータブレットよりパワーアップしている一方で、米マイクロソフト(MSFT.O)が6月に初のタブレット端末「サーフェス」を発売するなど、市場の競争は激しさを増している。

ソニーはこのほか、「エクスペリア」シリーズのスマートフォン(多機能携帯電話)3機種も発表した。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below