August 31, 2012 / 3:57 PM / 7 years ago

米FRB議長、労働市場の停滞「深刻な懸念」

[ジャクソンホール(米ワイオミング州) 31日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長は31日、ワイオミング州ジャクソンホールで講演し、米経済は「困難な」課題に直面しており、失業率の低下ペースは遅過ぎるとした上で、FRBは景気回復を加速させるために必要に応じて行動すると言明した。

8月31日、米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長は、失業率の低下ペースは遅過ぎるとの見解を示し、景気回復を加速させるために必要であれば、FRBは行動すると言明した。写真はワシントンで7月撮影(2012年 ロイター/Jason Reed)

ただ、追加緩和実施に関し明確なシグナルを示すには至らなかった。

議長は当地で開かれたカンザスシティー連銀主催の経済シンポジウムで「危機後の金融政策」と題し講演。追加刺激の費用対効果を見極める必要があるとしたうえで、効果が費用を上回る可能性があることを示唆した。

このなかで議長は「代替的な政策措置のコストとメリットを評価する上で、米国が直面する経済上の大きな課題を見失うべきではない」と指摘。

その上で「とりわけ労働市場において一段の改善を達成することが重要」とし、「FRBは政策手段の不透明性および限界をしっかりと考慮し、物価安定の責務の下、景気回復の強化と労働市場の持続的改善の促進させるために必要であれば、追加緩和政策を実施する」と語った。

追加緩和をめぐる議長の発言は、前週公表された7月31―8月1日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で示された内容と比べ、幾分トーンが弱まった。議事録では、経済が大幅に改善しない限り「追加金融緩和はかなり早期に正当化される公算が大きい」との認識が示されていた。ただ金融市場では、議長発言後もFRBによる量的緩和第3弾(QE3)実施の可能性をめぐり、期待感が漂った。

バーナンキ議長は現在の経済情勢に満足していないことを鮮明にするとともに、労働市場を取り巻く厳しい現状を強調。「雇用市場の停滞はとりわけ深刻な懸念事項だ。非常に困難な状況をもたらし国民の能力を無駄にするだけでなく、高止まりしている失業率によって、経済が何年にもわたって構造的な打撃を受ける可能性があるからだ」と述べた。

市場では、議長が労働市場の健全性に重点を置いた発言をしたことから、来週9月7日に発表される8月の米雇用統計が特に注目されるとの声が聞かれた。

TD証券(ニューヨーク)のエコノミスト、ミラン・マルレイン氏は「9月の連邦公開市場委員会(FOMC)での追加資産買い入れ決定の可能性について、バーナンキ議長は明確な言質を与えなかったものの、前回FOMC議事録で浮上したハト派姿勢は確認された」とした上で、FRBの行動を見極める上で経済指標から目が離せない状況が続くと述べた。

CRTキャピタル・グループの国債戦略責任者、デビッド・アダー氏は「われわれが予想していたよりもハト派的なバーナンキ議長の本質が浮かび上がってくる。例えば、労働市場に『深刻な』懸念を持っていると述べたことが目を引く」と指摘した。

バーナンキ議長はまた、FRBによる国債買い入れは景気押し上げや雇用創出に大きな効果をもたらしたと言明し、非伝統的な金融政策に伴うリスクはさほど重視しない姿勢を示した。

議長は「注意深く検討すれば、非伝統的政策のコストは管理できるようにみえる。これは経済状況によって正当化されれば、追加的な非伝統的な政策の実施を排除すべきでないことを示唆している」と語った。

米経済は約3年前のリセッション(景気後退)からは脱却しているものの、成長は依然控えめな伸びが続いている。第2・四半期の国内総生産(GDP)改定値は前期比年率で1.7%増で、8.3%と高止まる失業率を改善させるほど十分とはいえない水準にとどまっている。

議長は「経済が一段と速いペースで拡大しない限り、失業率は当面の間、最大雇用と一致する水準を大幅に超え高止まりする公算が大きい」と指摘した。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below