October 11, 2012 / 10:47 PM / in 7 years

米AMDが第3四半期売上高予想引き下げ、時間外で株価急落

[サンフランシスコ 11日 ロイター] 米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)AMD.Nは11日、第3・四半期売上高が前の期から10%減少するとの見方を示した。

当初は前期比1%程度の落ち込みを想定していたが、見通しを下方修正した。

世界経済減速による影響に加え、タブレット機器の攻勢を受けたパソコン(PC)需要の低迷が圧迫要因としている。

粗利益率についても、従来予想の44%から約31%に引き下げた。

価格下落に加え、一部製品の需要が想定を下回ったため1億ドルの評価損を計上したことが背景と説明している。

シンク・エクイティのアナリスト、スジ・デ・シルバ氏は、インテル(INTC.O)の「ウルトラブック」が期待通りの押し上げ効果を上げていないなど、すでにPC業界は予想以上に低迷しているとの感触があると指摘。「『ウィンドウズ8』発売を前にした買い控えやタブレット攻勢を受けたPCの先行き不透明感など、あらゆる要因が重しとなっている」と述べた。

AMD株価は、通常取引を1.59%高の3.20ドルで終えた後、時間外取引で7.8%安の2.95ドルをつけた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below