November 6, 2012 / 4:37 PM / in 7 years

9月米住宅価格指数、7カ月ぶりに低下=情報分析会社

11月6日、米情報分析会社コアロジックが発表した9月の米住宅価格指数は前月比0.3%低下と、7カ月ぶりの低下となった。写真は販売中の表札の出ている不動産物件。アリゾナ州で2011年6月撮影(2012年 ロイター/Joshua Lott)

[ニューヨーク 6日 ロイター] 米情報分析会社コアロジック(CLGX.N)が6日発表した9月の米住宅価格指数は前月比0.3%低下と、7カ月ぶりの低下となった。

ディストレス物件(差し押さえ物件や、銀行が住宅ローン残高を下回る価格での売却に合意した物件など)の販売によって、価格が押し下げられた。

ただ、同指数は前年比では5%上昇と、2006年7月以来の高い伸びとなった。

ディストレス物件を除くベースでの価格指数は前月比0.5%上昇、前年比5%上昇した。

コアロジックは10月について、夏の住宅購入の勢いが衰える中、前月比0.5%低下すると予想。ただ、前年比では5.7%の上昇を見込んでいる。

同社のナラサンビ最高経営責任者(CEO)は声明で「今年に入りこれまでのところ、住宅市場の緩やかな回復を示す明確な安定化の兆しがみられる」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below