Reuters logo
米デル創業者が保有株の評価額引き下げ合意、非公開化実現に向け
2013年2月14日 / 21:57 / 5年前

米デル創業者が保有株の評価額引き下げ合意、非公開化実現に向け

[サンフランシスコ 14日 ロイター] 米パソコンメーカー大手デルDELL.Oの株式非公開化計画をめぐり、創業者で最高経営責任者(CEO)のマイケル・デル氏が保有株16%の評価額を引き下げることで合意していたことが14日、当局への提出資料で明らかになった。

2月14日、米デルの株式非公開化計画をめぐり、創業者で最高経営責任者のマイケル・デル氏が保有株16%の評価額を引き下げることで合意していたことが明らかに。2011年10月撮影(2013年 ロイター/Robert Galbraith)

同氏は、保有株の価値を1株13.36ドルとすることで合意。これは他の株主に提示された1株13.65ドルから約2%低い。

マイケル・デル氏と買収ファンドのシルバーレイク・パートナーズは昨年10月、非公開化に向けた協議を開始。シルバーレイクは交渉の中で、買収額を少なくとも1回は引き上げた。

資料は「シルバーレイクの買収額引き上げを実現するため、デル氏とその関係者は、非公開化にあたりロールオーバーされる保有株の価値を、他の株主に提示された1株13.65ドルの水準ではなく、1株13.36ドルとすることで合意した」としている。

デルはまた、非公開化をめぐる株主投票を6月か7月に行う方針を明らかにした。承認には、デル氏を除く過半数株主の支持が必要。

同社は来週19日に第4・四半期決算を発表するが、デル氏は決算発表後の電話会議には出席しないとしている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below