March 26, 2013 / 3:17 PM / 7 years ago

1月米住宅価格上昇、前年比は06年6月以来の大幅上昇=S&P

3月26日、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が発表したS&P/ケース・シラー住宅価格指数によると、1月の主要20都市圏の住宅価格動向を示す指数は季節調整済で前月比1%上昇、エコノミスト予想の0.9%上昇を上回った。写真は売約済みの新築住宅。カリフォルニア州で1月撮影(2013年 ロイター/Mike Blake)

[ニューヨーク 26日 ロイター] スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が26日発表したS&P/ケース・シラー住宅価格指数によると、1月の主要20都市圏の住宅価格動向を示す指数は季節調整済で前月比1%上昇、エコノミスト予想の0.9%上昇を上回った。

季節調整前では前月比0.1%上昇、予想中央値は0.2%上昇だった。

前年比では8.1%上昇、こちらも予想の7.9%上昇を上回り、2006年6月以来の大きな伸びとなった。

平均住宅価格は2003年秋の水準に戻ったが、依然として2006年のピーク時を約30%下回る。

ニューヨークが約2年ぶりに上昇、サンフランシスコが17.5%、ラスベガスも15.3%それぞれ上昇した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below