for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仏プジョーがバッテリー不要の新型ハイブリット車、トヨタに対抗

1月22日、仏PSAプジョー・シトロエンは、バッテリーを使わない新型のハイブリッド技術を発表した。仏セレスタの販売店で昨年9月撮影(2013年 ロイター/Vincent Kessler)

[パリ 22日 ロイター] 仏PSAプジョー・シトロエンPEUP.PAは22日、バッテリーを使わない新型のハイブリッド技術を発表した。ハイブリッド市場で先行するトヨタ自動車7203.Tを追撃する。

独自動車部品大手ロバート・ボッシュROBG.ULと共同開発した。

ガソリンエンジンと圧縮窒素による駆動力を組み合わせる新技術で、従来のハイブリッド車に比べ軽量化し、排出削減コストを半減できるとしている。

トヨタのハイブリッド車「プリウス」は、ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせているが、プジョーの新技術「ハイブリッド・エア」システムでは、圧縮窒素により油圧モーターを稼動させる。

市場への投入は2016年ごろを目指しており、2万ユーロ(2万6600ドル)を切る価格設定を見込んでいる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up