January 24, 2013 / 9:42 PM / 8 years ago

加RIM株が上昇、中国レノボが取得に関心との報道で

1月24日、米ナスダック、加トロント株式市場で、カナダのリサーチ・イン・モーション株価は、中国レノボが取得に関心を示しているとの報道で上昇している。オンタリオ州ウォータールーのRIM施設で昨年4月撮影(2013年 ロイター/Mark Blinch)

[トロント 24日 ロイター] 24日の米ナスダック、加トロント株式市場で、カナダのリサーチ・イン・モーション(RIM)RIM.TORIMM.O株価が上昇している。中国のパソコン(PC)メーカー大手レノボ・グループ(連想集団)(0992.HK)が携帯事業を拡大する上で、RIM買収も選択肢の1つとの見解を示したとの報道が支援材料。

午後の取引で、ナスダック上場のRIM株は2.3%高、トロント市場の同社株価は3%値を上げている。

レノボのウォン・ワイ・ミン最高財務責任者(CFO)はブルームバーグとのインタビューで「RIMを含め、すべての機会を模索している。当社にとり利益となる好機が訪れれれば、躊躇(ちゅうちょ)しない」と述べた。

また同CFOは、レノボがRIMと戦略的な選択肢をめぐり協議したことを明らかにした。

RIMのハインズ最高経営責任者(CEO)は独紙とのインタビューで、新たなモバイル向け基本ソフト(OS)「ブラックベリー10(BB10)」を搭載した新型スマートフォン(多機能携帯電話)投入後に、他社との戦略提携を検討する可能性があると発言。これを受け、RIM株価は今週に入り、1年1カ月ぶり高値をつけていた経緯がある。

ただカナダを代表するRIMの外資による買収をめぐっては、いかなる案件についても、同国政府の厳しい審査が予想される。

またアナリストは、レノボによる買収の可能性について懐疑的な見方を示している。

RIMの広報担当者は、同社が発表している包括的な戦略見直しについて、新たにコメントすることはないと述べた。

レノボの広報担当者はCFOの発言について、すでに明らかにしている同社のM&A(合併・買収)戦略に即したものとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below