April 23, 2013 / 6:03 PM / 6 years ago

AP通信ハッキング被害、「ホワイトハウス爆発」偽情報で市場一時混乱

[ワシントン 23日 ロイター] AP通信のツイッターアカウントが23日、ハッキング被害に遭った。米ホワイトハウスで2度爆発がありオバマ大統領が負傷したとする偽のニュースが流れ、米金融市場は一時混乱に陥った。

4月23日、AP通信の広報担当者は、同社のツイッター上で米ホワイトハウスで爆発があったとするニュースが流れたことについて、誤報だと明らかにした。写真はオバマ大統領。ホワイトハウスで19日撮影(2013年 ロイター/Kevin Lamarque)

AP通信の広報担当、ポール・コルフォード氏はすぐにツイートが偽のニュースであることを確認。ホワイトハウスのカーニー報道官は情報が流れた直後、オバマ大統領は無事だと記者団に述べた。

米金融市場は情報が流れてから3分以内に軒並み急落したが、その後値を戻した。

米証券取引委員会(SEC)のギャラガー委員はロイターのインタビューで、偽ツイートと市場への影響について調査していることを明らかにした。

同委員は「現時点で何が事実で、われわれが何を探しているのかを正確に伝えることはできないが、一時的だったものの、(市場が)このように大きく変動した要因を確実に把握したい」と語った。

ロイターのデータによると、偽ツイートを受けてS&P総合500種.SPXは一時、1365億ドルの時価総額を失った。一部のトレーダーは、株価が急落後に反発したことについて自動電子取引が要因と指摘している。

こうしたなか、AP通信へのハッキングで「シリア電子軍」を名乗る集団が23日、犯行声明を発表した。前週20日にはCBSのニュース番組「60ミニッツ(60 Minutes)」などのツイッターがハッキングされたばかりで、同集団はCBSやBBC(英国放送協会)、NPR(米公共ラジオ局)などのツイッターへのハッキングも認めている。

ツイッターの広報担当は23日のハッキング行為についてコメントを拒否。プライバシーと安全上の理由から個々のアカウントに関するコメントはしないとしている。

米連邦捜査局(FBI)からのコメントは今のところ得られていない。

AP通信は、偽の情報が流される前、犯人がAP記者のパスワードを繰り返し盗もうとしていたことを明らかにした。

AP通信のツイッターアカウントは現在閉鎖されている。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below