March 21, 2013 / 9:43 PM / 6 years ago

キプロスを「CCCプラス」から「CCC」に格下げ=S&P

3月21日、S&Pは、キプロスの長期外貨建て格付けを「CCCプラス」から「CCC」に引き下げた。写真はニコシアで撮影(2013年 ロイター/Yorgos Karahalis)

[ニューヨーク 21日 ロイター] 格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は21日、キプロスの長期外貨建て格付けを「CCCプラス」から「CCC」に引き下げた。同国の銀行セクター危機を格下げの理由としている。

見通しは「ネガティブ」とした。

S&Pは「資本や政府資金を確保する上で信頼ある代替源がないことから、無秩序なクレジットイベントのリスクが増大している」と指摘した。

「向こう数日間にキプロスとユーログループおよび他のパートナーが代替案で合意できると想定している」としたが、資本逃避が再発し資本規制導入を余儀なくされるリスクがあると指摘した。

主要格付け会社では、ムーディーズが「Caa3」、フィッチ・レーティングスは「B」の格付けをキプロスに付与しており、両社とも見通しは「ネガティブ」としている。

*情報を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below