April 5, 2013 / 11:18 PM / 7 years ago

弱い雇用統計で米株反落、企業決算への警戒感高まる

[ニューヨーク 5日 ロイター] 5日の米国株式市場は反落。弱い雇用統計を受けて、米経済への信頼感が低下したほか、来週から始まる企業決算への警戒感が高まった。

4月5日、米国株式市場は反落。弱い雇用統計を受けて、米経済への信頼感が低下したほか、来週から始まる企業決算への警戒感が高まった。写真はニューヨーク証券取引所で撮影(2013年 ロイター/Brendan McDermid)

米雇用統計は、非農業部門雇用者の増加数が前月比8万8000人増と、9カ月ぶりの低い伸びにとどまり、20万人増を見込んでいた市場予想の半分にも届かなかった。失業率は7.6%と、前月の7.7%から改善したが、労働参加率の低下が主因だった。

1日に発表されたISM製造業景気指数も3カ月ぶり低水準となるなど、このところ弱い経済指標が相次いでいる。

カルバート・インベストメント・マネジメントのナタリー・トゥルナウ最高投資責任者(CIO)は「再びさえない決算シーズンになる可能性がある。株式市場はすでに健全なリターンを提供していることから、やや弱含むかもしれない」と述べた。

株式市場はこれまで、米連邦準備理事会(FRB)への緩和期待や経済指標の改善を受けて上昇基調にあり、S&P総合500は年初来8.9%上昇している。

ダウ工業株30種.DJIは40.86ドル(0.28%)安の1万4565.25ドル。

ナスダック総合指数.IXICは21.12ポイント(0.66%)安の3203.86。

S&P総合500種.SPXは6.70ポイント(0.43%)安の1553.28。

週足では、ダウが0.1%安。S&Pが1%、ナスダックが1.9%それぞれ下落した。

小型株2000銘柄をカバーしたラッセル2000指数.TOYは週間で3%下落し、昨年6月以来の大幅な下落率となった。

個別銘柄では、ネットワーク機器サービスのF5ネットワークス(FFIV.O)が19%急落。市場予想を大幅に下回る業績見通しを示したことが嫌気された。

F5の同業にも売りが波及し、ジュニパー・ネットワークス(JNPR.N)は3.1%安。シトリックス・システムズ(CTXS.O)も1.2%値を下げた。

航空株も売られ、デルタ航空(DAL.N)は2.4%安。ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスUAL.Nは0.1%安。

JPモルガン証券は米航空会社の2013─14年売上高予想を2─3%引き下げるとともに、一部航空会社では、連邦歳出の強制削減などが重しとなり、有効座席マイル当たりの月次売上高が落ち込むとの見方を示した。

トムソン・ロイターのデータによると、S&P総合500構成銘柄企業の第1・四半期利益の伸びは前年比1.6%増にとどまると予想されている。1月時点の予想は4.3%増だった。

ニューヨーク証券取引所、ナスダック、NYSE MKTの3市場の出来高は、年初来の1日平均の約63億6000万株に対し、約64億株となった。

騰落銘柄比率は、ニューヨーク証券取引所が約14対15。ナスダックは約3対5。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below