May 3, 2013 / 11:28 PM / 6 years ago

雇用統計受けダウ一時1万5000ドル突破、S&Pは1600台で引け

[ニューヨーク 3日 ロイター] 3日の米国株式市場は大幅続伸。予想以上に好調な米雇用統計を受け景気減速をめぐる懸念が和らいだ。ダウ工業株30種は一時1万5000ドルの大台を突破し、S&P総合500種は節目となる1600を上抜けて終了した。共に終値で過去最高値を更新した。

5月3日、米国株式市場は大幅続伸。予想以上に好調な米雇用統計を受け、景気減速をめぐる懸念が和らいだ。ニューヨーク証券取引所で撮影(2013年 ロイター/Brendan McDermid)

ダウ工業株30種.DJIは142.38ドル(0.96%)高の1万4973.96ドル。

ナスダック総合指数.IXICは38.01ポイント(1.14%)高の3378.63。

S&P総合500種.SPXは16.83ポイント(1.05%)高の1614.42。

週足ではダウが1.8%高、S&Pが2%高。ナスダックは3%上昇し、1月第1週以来の大幅な伸び率を記録した。

幅広い上昇となったことを反映し、中小型株の指標であるラッセル2000指数も過去最高値をつけた。

朝方発表された4月の米雇用統計は、非農業部門雇用者の増加数が前月比16万5000人で、市場予想の14万5000人を上回る伸びとなった。失業率は前月の7.6%から7.5%に低下し、約4年ぶりの低水準となった。2、3月分も上方修正された。

チャールズ・シュワッブの市場・セクター分析ディレクター、ブラッド・ソレンセン氏は「雇用統計は、春の景気失速をめぐる懸念を軽減した」と述べた。

景気敏感株や商品株が高い。USスチール(X.N)は6.3%高、WPXエナジー(WPX.N)は5%高。

米原油先物は1.5%上昇した。

ゼネラル・エレクトリック(GE)(GE.N)は1.1%高。米連邦取引委員会(FTC)がGEによる総額29億8000万ドルの油田機器メーカー、ラフキン・インダストリーズLUFK.O買収を承認したことを好感した。

半面、ビジネス向けソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のリンクトインLNKD.Nは13%安。前日引け後に示した第2・四半期売上高見通しが市場予想を下回ったことが重しとなった。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)、NYSE・MKT、ナスダックの出来高は約63億3000万株と、今年の1日平均の約63億6000万株を下回った。

ニューヨーク証券取引所、ナスダックともに、約70%の銘柄が上昇して取引を終えた。

(カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル).DJI

終値         14973.96(+142.38)

前営業日終値    14831.58(+130.63)

ナスダック総合.IXIC

終値         3378.63(+38.01)

前営業日終値    3340.62(+41.49)

S&P総合500種.SPX

終値         1614.42(+16.83)

前営業日終値    1597.59(+14.89)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below