May 20, 2013 / 2:57 PM / 6 years ago

米ヤフー、ブログ会社「タンブラー」を11億ドルで買収

5月20日、米インターネット検索大手ヤフーは、ブログやソーシャル・ネットワーキングを手掛けるサイト「Tumblr(タンブラー)」を現金11億ドルで買収すると発表した。写真はヤフーのロゴマーク。カリフォルニア州で4月撮影(2013年 ロイター/Mike Blake)

[20日 ロイター] - 米インターネット検索大手ヤフーYHOO.Oは20日、ブログやソーシャル・ネットワーキングを手掛けるサイト「Tumblr(タンブラー)」を現金11億ドルで買収すると発表した。

この買収でヤフーは保有する54億ドルの現金と売買可能な証券の合計の約5分の1相当の額を使うことになる。案件としては2012年7月にマリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)が就任して以来最大のものとなる。

同社は声明で「このたびの合意およびわれわれが事業を損なわないとの約束の下、タンブラーは独立した事業として経営されることになる」と述べた。

タンブラーが運営するユーザー作成型コンテンツのハブはインターネット上で人気を集めている。この買収によって、ヤフーの伝統的なポータルや電子メールにあまり親しみのない若い世代をひきつけるソーシャルメディアの基盤をヤフーは手にすることになる。

ヤフーは買収によってビジター数が50%増加し、月間10億を超えると予想している。

アナリストの間では、今後何年も収入に直結しない恐れのある事業に対し、ヤフーは割の合わない金額を払ったとの見方もある一方で、ソーシャルメディア分野の弱点を補強するという点で意味があるとの声も聞かれる。

RBCキャピタルマーケッツのアナリスト、マーク・マハニー氏はリポートのなかで、今回の案件を「長期的投資」と位置づけた上で、メイヤーCEOの業績回復戦略と合致したものであると指摘。

「ヤフーはソーシャル・モバイル分野で存在感が示せないなか、ここ何年もファンダメンタルズが平均を下回っていた。タンブラーはそうした存在感の醸成に役立つかもしれない」と述べた。

タンブラーは財務状況を開示していないが、複数の報道によると、2012年の収入は1300万ドルと推定され、それに基づくとヤフーは今回、その77倍程度の金額を支払ったことになる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below