January 8, 2020 / 6:23 AM / 11 days ago

需給ギャップ、7─9月期は+1.02% 12四半期連続のプラス

 1月8日、日銀は、2019年7─9月期の需給ギャップがプラス1.02%になったとの試算を公表した。写真は2015年3月、都内で撮影(2020年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 8日 ロイター] - 日銀は8日、2019年7─9月期の需給ギャップがプラス1.02%になったとの試算を公表した。需給ギャップのプラスは12四半期連続で、プラスの連続記録はリーマン・ショック前、2005年10─12月期以降12四半期連続に並んだ。

需給ギャップは4─6月期のプラス1.03%(改定値)からプラス幅がわずかに縮小した。内訳をみると、資本投入ギャップがプラス0.51%、労働投入ギャップが同プラス0.51%となった。資本投入ギャップは前四半期の同0.58%からプラス幅が縮小した。一方、労働投入ギャップは前四半期の同0.46%からプラス幅が拡大した。

需給ギャップは12四半期連続で増加しているものの、ピーク時の2018年10─12期のプラス2.09%に比べて緩やかにプラス幅は縮小している。

浜田寛子

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below