Reuters logo
J・ビーバーがツアー中止をファンに謝罪、休息必要とコメント
2017年7月26日 / 01:28 / 2ヶ月前

J・ビーバーがツアー中止をファンに謝罪、休息必要とコメント

 7月25日、カナダ出身のポップ歌手ジャスティン・ビーバーは、世界ツアーの残りの日程を中止したことをファンに謝罪した。ツアー生活を約2年間続けた結果、休息が必要だと述べた。写真はラスベガスで2016年5月撮影(2017年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ロサンゼルス 25日 ロイター] - カナダ出身のポップ歌手ジャスティン・ビーバー(23)は、世界ツアーの残りの日程を中止したことをファンに謝罪した。ツアー生活を約2年間続けた結果、休息が必要だと述べた。

ビーバーは24日、「パーパス」ツアーについて、「不測の事態」を理由に残りの北米とアジアの公演をキャンセルすると発表していた。

ビーバーは同日、サンタモニカで芸能メディアの取材に応じ、自身は元気で、「休んでリラックスすることを楽しみにしている」とコメントした。

TMZドットコムに掲載された動画によると、ビーバーはファンに対し「君たちを愛しているし、素晴らしいと思う。失望や裏切りを感じた人がいれば申し訳なく思う」と述べた。

シンガーソングライターのジョン・メイヤーはツイッターで、ビーバーが心の健康に注意を払っているとして擁護。「残りの日程を中止するということは、そのままツアーを続ければ自分に非常に大きなダメージを与えることを意味する」と述べた。

一方、バンド「シュガー・レイ」のフロントマン、マーク・マッグラスはTMZに対し、ビーバーがツアーを継続すべきだったとコメント。「もちろんジャスティンには理由があるだろうが、疲労は理由にならない。チケットを買った人たちは公演を見たいはずだ」と語った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below