January 27, 2020 / 2:17 AM / 21 days ago

サッカー=ユベントス、サリ監督の古巣ナポリに黒星

 サッカーのイタリア・セリエAは26日、各地で試合を行い、首位ユベントスは敵地でマウリツィオ・サリ監督の古巣ナポリに1─2で敗れた。写真はユベントスのエース、クリスティアノ・ロナルド(2020年 ロイター/Alberto Lingria)

[ナポリ(イタリア) 26日 ロイター] - サッカーのイタリア・セリエAは26日、各地で試合を行い、首位ユベントスは敵地でマウリツィオ・サリ監督の古巣ナポリに1─2で敗れた。

ナポリは、サリ監督在任時に加入したピオトル・ジエリンスキが後半18分に先制点を決めると、同41分には主将ロレンツォ・インシーニェが追加点。ユベントスは終了間際にエースのクリスティアノ・ロナルドが1点を返すにとどまった。

試合後、サリ監督は「われわれは試合を通して消極的だった。当たり障りのないパフォーマンスだった。彼らは勝利するために最低限のことをするだけでよかった」と振り返った。

2位インテルはカリャリと1─1のドロー。3位ラツィオもローマとのダービーで1─1の引き分けだった。

この結果、リーグ9連覇を目指すユベントスは勝ち点51で首位を保ったものの、インテルとの差は3ポイントに縮まった。ラツィオとは5ポイント差だが、同チームは上位2チームより消化試合が1つ少ない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below