for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=ユベントス、ロナルド得点も終了間際の失点でドロー

 サッカーのイタリア・セリエAは8日、各地で試合を行い、昨季王者ユベントスは敵地でラツィオと1─1で引き分けた。写真中央はゴールを決めたユベントスのクリスティアノ・ロナルド(2020年 ロイター/Alberto Lingria)

[ローマ 8日 ロイター] - サッカーのイタリア・セリエAは8日、各地で試合を行い、昨季王者ユベントスは敵地でラツィオと1─1で引き分けた。

ユベントスは前半15分にクリスティアノ・ロナルドの今季リーグ6得点目で先制。ロナルドはその後もポスト直撃の決定的なシュートや、FKでゴールを脅かしたが、後半に足首を痛めた様子で途中交代となった。

試合はユベントスのリードで後半アディショナルタイムに突入したが、終了間際に途中出場のフェリペ・カイセドにゴールを割られた。カイセドは2週連続のアディショナルタイム弾。

冨安健洋の所属するボローニャはナポリに0─1で敗戦。冨安はフル出場した。

ACミランは終了間際のズラタン・イブラヒモビッチのゴールでベローナと2─2のドロー。ローマはヘンリク・ムヒタリアンのハットトリックでジェノアに3─1で勝利した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up