September 4, 2015 / 1:39 AM / 3 years ago

訂正:7月実質賃金は前年比+0.3%、27カ月ぶり増=毎月勤労統計

 9月4日、厚生労働省が発表した7月の毎月勤労統計調査(速報)によると、物価の変動を考慮した実質賃金は前年比0.3%増となり、2013年4月以来27カ月ぶりのプラスとなった。写真は、都内のホテル、5月撮影(2015年 ロイター//Issei Kato)

[東京 4日 ロイター] - 厚生労働省が4日発表した7月の毎月勤労統計調査(速報)によると、物価の変動を考慮した実質賃金は前年比0.3%増となり、2013年4月以来27カ月ぶりのプラスとなった。ボーナス支給の遅れで6月には大幅なマイナスとなったが、再びプラス圏に浮上。

物価を上回る賃金の伸びがかろうじて維持された。現金給与総額(事業所規模5人以上)は前年比0.6%増の36万7551円だった。増加は2カ月ぶり。

厚労省では「6月は特別に支払われる給与(ボーナス)に振り回されたが、名目賃金はプラス基調で推移している」と判断した。

夏季賞与が大半を占める特別に支払われた給与は前年比0.3%増と、2カ月ぶりにプラスとなった。企業業績が好調なかで6月に同6.7%減に落ち込んだことが異例で、ボーナス支給が例年より遅い7月に集中したことが確認された。

所定内給与は前年比0.6%増で2005年11月(同0.6%増)以来の高い伸びとなった。所定外給与は前年比0.6%増で5カ月ぶりに増加した(訂正)。

現金給与総額を就業形態別でみると、正社員などフルタイムで働く一般労働者が同0.5%増、パートタイム労働者は同0.2%減だった。

総実労働時間は前年同月比0.1%減だった。

7月速報値は当初予定の1日から4日に繰り下げられた。6月にボーナスが想定外に弱かったが、分析に十分な時間が確保できなかった反省があったため。7月は予定を繰り下げて時間を確保した。

*本文4段落目の所定外給与について「2カ月ぶりに増加した」を「5カ月ぶりに増加した」に訂正します。

吉川裕子

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below