for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米アメックス、ソフトバンクG出資のフィンテック企業買収へ

 8月17日、米クレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)は金融とIT(情報技術)を組み合わせたフィンテック関連サービスを手掛ける米ベンチャー企業カベッジを買収すると発表した。写真は2017年12月、米ニューヨーク証券取引所で撮影(2020年 ロイター/Brendan McDermid)

「ニューヨーク 17日 ロイター] - 米クレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)AXP.Nは17日、金融とIT(情報技術)を組み合わせたフィンテック関連サービスを手掛ける米ベンチャー企業カベッジを買収すると発表した。金額は非公表。

中小企業向けキャッシュマネジメント事業の強化が狙い。カベッジは2009年にオンライン融資企業として創業したが、その後は中小企業向け金融サービスに事業を拡大。ソフトバンク・グループ9984.Tなどの投資家から出資を受けている。

アメックスのグローバル・コマーシャル・サービス部門の責任者、アンナ・マーズ氏はロイターの取材に、アメックスは法人向けカード事業での強みを足場に、中小企業向けの決済、キャッシュフローの技術的ソリューションなど、融資を補完する分野での商品拡大に力を入れていると述べた。

声明によると、今回の買収でアメックスはカベッジのシステムや人材、データを手に入れるが、貸付残高は引き継がない。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が続く中でカベッジは、米政府の中小企業支援策「給与保護プログラム(PPP)」に深くかかわっている。同社は先月、PPPによる融資が22万5000件、約60億ドル相当となり、申請件数で全米第3位になったと明らかにした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up