for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

法務省、入国在留管理庁を設置へ 外国人材受け入れに対応

 8月28日、法務省は、入国管理局の組織を見直し、法務省の外局として「入国在留管理庁」(仮称)を設置する方向で最終的な調整を行っている。上川陽子法相(写真)が会見で明らかにした。写真は都内で7月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 28日 ロイター] - 法務省は、入国管理局の組織を見直し、法務省の外局として「入国在留管理庁」(仮称)を設置する方向で最終的な調整を行っている。上川陽子法相が28日の会見で明らかにした。

法務省によると、来年4月に政府の新たな外国人材受け入れ制度が始まるのに合わせ、準備を進めている。

上川法相は会見で「これに伴い、必要となってくる費用について、(2019年度)概算要求に適切な形で盛り込むよう検討している」と述べた。具体的な額については明らかにしなかった。

宮崎亜巳

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up