December 22, 2016 / 8:22 AM / 2 years ago

カンフーの技伝承に3D技術活用、香港で世界初プロジェクト

 12月21日、カンフーの達人Wong Yiu-Kauさん(56)が次々と繰り出す技を、3Dの技術を使って記録する世界初のプロジェクトが香港で進行している。写真は6日香港で撮影(2016年 ロイター/Bobby Yip)

[香港 21日 ロイター] - カンフーの達人Wong Yiu-Kauさん(56)は香港のスタジオで、頭から足先までマーカーを装着し、次々と技を繰り出す。2人のディレクターは、コンピューターのディスプレイに映しだされたその動きを見つめる。3Dの技術を使ってカンフーの技を記録する世界初のプロジェクトだ。

カンフーに分類される「型」は数百ある。1973年に死去した米国生まれ香港育ちの俳優ブルース・リーの映画が公開された後、カンフーは世界的に人気となったが、近年ではその人気は衰え、専門家らは技の伝承に危機感を抱いている。

「香港マーシャルアーツ・リビング・アーカイブ」として知られるこのプロジェクトは、400以上のカンフーの技をキャプチャーし保存するのが目的だ。これまでに約50の技が記録された。

香港城市大学とともにプロジェクトを進める香港武術協会のヒン・チャオ氏は、「香港は中国武術界において非常に重要な都市」と指摘。これまでは様々な種類の武術が保存されてきたが、伝統を受け継ぐ人があまりに少ないと警鐘を鳴らした。

3Dの記録は香港の伝統を守るだけでなく、新参者がより簡単に目で見て学べる資料にもなるという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below