October 16, 2018 / 6:27 AM / a month ago

豪州で野生のカンガルーが保護員襲撃、肺やあばら骨に大けが

[シドニー 15日 ロイター] - オーストラリア北東部クイーンズランド州で、野生動物の保護活動を行う職員らがオスのカンガルーに襲われ、負傷した。

保護員のスミス夫妻が丘陵地帯ダーリングダウンズでえさやりをしていたところ、カンガルー1頭が夫のジムさんに襲いかかり、地面に殴り倒した。次にカンガルーは、夫を助けようと駆け寄った妻のリンダさんを襲撃。リンダさんは肺に損傷を受け、あばら骨の骨折に切り傷や擦り傷を負った。

駆けつけた夫妻の息子が木の枝で追い払うと、林へ逃げていったという。

メディアによると、リンダさんは近くの病院へ搬送され手術を受けた。ジムさんは傷を見せながら「怖かった。1度か2度地面に倒されて、1度はつかみかかられた」と恐怖の体験を語った。

救急サービスの責任者は「攻撃がもっと続いていたら、リンダさんには命の危険があった」と話した。

豪州には約4500万頭のカンガルーが生息する。人間の住む地域が拡大してカンガルーの生息地域と近くなっており、今回のような事故はまれとは言えなくなっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below