October 12, 2018 / 2:37 AM / 9 days ago

K・ウェストがホワイトハウスで10分間スピーチ、大統領は聞き役に

[ワシントン 11日 ロイター] - 米ラップ歌手のカニエ・ウェストさんは11日、ホワイトハウスで開かれたトランプ大統領との会合に出席し、10分におよぶスピーチを展開して自身の大統領への支持を擁護した。

 10月11日、米ラップ歌手のカニエ・ウェストさんは、ホワイトハウスで開かれたトランプ大統領との会合に出席し、10分におよぶスピーチを展開して自身の大統領への支持を擁護した(2018年 ロイター/Kevin Lamarque)

この会合は、受刑者の待遇改善策やアフリカ系米国人の雇用機会、シカゴでの暴力犯罪などの問題などを話し合うため企画されたランチミーティングで、元アメリカンフットボール選手のジム・ブラウン氏らも参加した。

昼食前の会合でこれらの問題を話し合った際、ウェストさんのスピーチがさく裂した。大統領は、TVカメラがすべてを録画するまで黙って聞き手に回った。

「メイク・アメリカ・グレイト・アゲイン(米国を再び偉大な国に)」と書かれた赤い野球帽をかぶったウェストさんは、大統領の新しい専用機の話題や、自身に下された双極性障害との診断、キム・カーダシアンさんとの結婚によって女性に占拠された家庭生活なども話に織り交ぜた。

ローストチキンのランチのため場所を移動する前、ウェストさんは立ち上がってトランプ大統領に近づき強くハグし、「この男が大好きだからハグさせてほしい」と述べると、大統領も「素晴らしい、心からの行動だ」と応じた。

会談終了後ウェストさんは、スピーチは心からのもので、自然に発せられたものだったと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below