June 15, 2018 / 7:08 PM / 5 months ago

米FRB、今年計4回の利上げに異論ない=ダラス連銀総裁

6月15日、米ダラス地区連銀のカプラン総裁は、年内の利上げについて、自身の基本的な予想は3回であるとしながらも、計4回の利上げ実施に異論はないと述べた。写真は2014年10月、ワシントンのFRB前で撮影(2018年 ロイター/Gary Cameron)

[サンフランシスコ 15日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は15日、連邦準備理事会(FRB)の今年の合計の利上げ回数について、自身の基本的な予想は3回であるとしながらも、合計4回の利上げ実施に異論はないとの立場を示した。

同総裁は記者団に対し、「合計4回の利上げに対して異論はない」とし、3回、もしくは4回となったとしても、「中立的なスタンスに徐々に近づいていることが鍵となる」と述べた。

その上で「今年の経済の力強さの一部は財政刺激に起因していると事実には留意している。そして、こうした効果が2019年、さらには2020年にはある程度薄れていくとの事実にも留意している」と述べた。

FRBは今週、今年に入ってから2回目となる利上げを決定。FRBは年内はあと2回、合計4回の利上げを予測しているとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below