October 16, 2018 / 9:53 AM / a month ago

グーグル、ケニアでアフリカ初のバイク用ナビサービス提供開始

 10月15日、米アルファベット傘下のグーグルは、ケニアでグーグル・マップによるオートバイ向けの音声ナビゲーションサービスの提供を開始すると発表した。写真は同マップのアプリのロゴ。サラエボで昨年9月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration)

[ナイロビ 15日 ロイター] - 米アルファベット(GOOGL.O)傘下のグーグルは15日、ケニアでグーグル・マップによるオートバイ向けの音声ナビゲーションサービスの提供を開始すると発表した。同サービスを提供するのはアフリカでは初めてとなる。

ケニアの町中では「ボダボダ」と呼ばれるバイクタクシーがあふれ、自動車のタクシーに比べて運賃がかなり安い。しかし、同国では道路標識が整備されていない上に、渋滞が頻繁に発生しているため、ボダボダのドライバーが電話で呼んだ顧客を拾うのが難しい。グーグルのバイク向けナビゲーションサービスで、ドライバーはより効率的なルートを探せるようになるという。

グーグルはまた、ケニアで道路沿いの風景をパノラマ写真で提供するストリートビュー・サービスも提供すると発表。

さらに、同国の農家のデジタル技能習得に向け1億シリング(99万2000ドル)の資金を確保したと明らかにした。グーグルのケニア部門責任者チャールズ・ムリト氏によると、人口の40%、国内総生産(GDP)の3分の1を占める農業部門に狙いを定めているという。

グーグルはバイク用の音声ナビゲーションサービスをインドなどアジア諸国では既に提供している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below