July 28, 2020 / 6:01 PM / 7 days ago

仏ケリング四半期売上高44%減、見通し示さず コロナ禍で視界不良

高級ブランド「グッチ」などを展開する仏ケリングが28日発表した第2・四半期の既存店売上高は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が響き、43.7%減少した。中国・武漢で3月撮影(2020年 ロイター/Aly Song)

[パリ/ミラノ 28日 ロイター] - 高級ブランド「グッチ」などを展開する仏ケリング(PRTP.PA)が28日発表した第2・四半期の既存店売上高は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が響き、43.7%減少した。

アジアでの業績は回復軌道にあるものの、今後の売上高や利益率のトレンドを巡る視界は不良とし、下期の業績見通しは示さなかった。

UBSによる売上高予想は46%減だった。

ブランド別ではグッチの売上高(為替や企業買収などの影響を除く比較可能ベース)が45%減、イブ・サンローランが48%減、ボッテガ・ヴェネタが24.4%減だった。

コロナ禍の影響で中国や欧州、米国での店舗が休業となる半面、オンライン売上高は堅調で、売上高全体に占める割合は18%と、年初の10%弱から拡大した。

全体の営業利益率は17.7%に縮小した。

ケリングは「今年前半の減収が下期に相殺されることはない」との見通しを示した。デュプレ最高財務責任者(CFO)は、旅行客の欠如が業界全体への重しになると予想した。

競合の仏LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)(LVMH.PA)が前日発表した第2・四半期業績は売上高が38%減、営業利益率が9%だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below