Reuters logo
英王の遺骨、またも駐車場下に埋葬か
2015年5月26日 / 03:34 / 2年後

英王の遺骨、またも駐車場下に埋葬か

[ロンドン 22日 ロイター] - 3年前に英王リチャード3世の遺骨発見のきっかけを作ったフィリッパ・ラングレー氏が、今度はヘンリー1世の遺骨捜索に乗り出している。

 5月22日、ヘンリー1世の遺骨が駐車場の下に埋まっている可能性があることが、捜索に乗り出したフィリッパ・ラングレー氏の話で判明。写真は、同じく駐車場下で見つかったリチャード3世の遺骨発掘現場。2012年9月撮影(2015年 ロイター/Darren Staples)

捜索が行われているのはヘンリー1世が1121年に建設したレディング修道院の敷地。ラングレー氏はBBCのヒストリー・マガジン誌に対し、当時の修道院の規模を推定すると、遺骨は現在学校となっている場所にあると思われ、校庭または、リチャード3世の遺骨と同様駐車場の下に埋まっている可能性があると語った。

ヘンリー1世は、修道院建設から14年後、ヤツメウナギの食べすぎで死亡したと言われている。400年後に墓所を含む修道院の大半が破壊されたことから、最終的な埋葬地は不明とされている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below