for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

キオクシアHDが上場延期で調整、米中摩擦の影響で=関係筋

半導体メモリー大手のキオクシアホールディングスが、10月6日に予定していた東京証券取引所への新規株式公開(IPO)を延期する向で調整していることがわかった。複数の関係筋が27日、明らかにした。米国による華為技術(ファーウェイ)に対する取引規制の強化で業績が悪化する懸念が高まっており、上場のタイミングを慎重に判断する。写真は3日、ドイツのベルリンで行われたテクノロジーフェアでのファーウエイの5Gスマホ。(2020年 ロイター/Michele Tantussi )

[東京 27日 ロイター] - 半導体メモリー大手のキオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)が、10月6日に予定していた東京証券取引所への新規株式公開(IPO)を延期する向で調整していることがわかった。複数の関係筋が27日、明らかにした。

米国による中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]に対する取引規制の強化で業績が悪化する懸念が高まっており、上場のタイミングを慎重に判断する。28日にも発表する。キオクシアは「当社の発表ではなく、決定した事実はない」とコメントしている。

キオクシアは17日、IPOに関する開示資料の中で、トランプ米政権がファーウェイに対する新たな輸出禁止措置を15日に本格導入したことを受け、自社グループ製品のファーウェイへの販売取引の全部あるいは大部分が規制対象に該当する可能性が非常に高いとの見解を示していた。

キオクシアは、米原発事業などで巨額損失を抱えた東芝6502.Tが半導体事業を分社化したことを受け、2017年に発足。18年にベインキャピタルなどの企業連合に約2兆円で売却され、東芝が再出資していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up